しあわせの香り ’11

木もれびの街で穏やかな日々が続くことを願いながら暮らす家族の日常を綴っています。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

それぞれの日常を、たんたんと生きていく

今日のタイトルは、震災後(原発事故後)に出された
大好きな川上弘美さんの本
「神様 2011」 のあとがきの中からのものです。

震災後(原発事故後)、私は、原発立地県で長く生活していたにもかかわらず、
原発について何も知らず、知ろうともしないで生きてきた・・・
それどころか、少々の危険はどんなものにでもつきものなのだから
原発もその程度、「必要悪」くらいに考えていました。
しかし、実態を知ることになり、愕然とし、なすすべもなく、ほぼ最近まで
立ち直れずにいました。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:* *:.,.:*

くまにさそわれて散歩に出る。
「あのこと」以来、初めて。~ 表紙帯より~

神様 2011


静かな怒りが、あの原発事故以来、去りません。
むろんこの怒りは、最終的には自分自身に向かってくる怒りです。
今の日本をつくってきたのは、ほかならぬ自分でもあるのですから。
この怒りをいだいたまま、それでもわたしたちはそれぞれの日常を、
たんたんと生きていくし
、意地でも、「もうやになった」と、
この生を放りだすことをしたくないのです。だって生きることは、
それ自体が、大いなるよろこびであるはずなのですから。


日本には、古来たくさん神様がいました。・・・・・
大きな自然をつかさどる神様たち。・・・・・
人の暮しのまわりにいる神様たち。・・・・・・

ウランの神様がもしこの世にいるとすれば、いったいそのこと
(人間が原爆・原発を作ったこと)をどう感じているのか。
やおよろずの神様を、矩(のり)を越えて人間が利用した時に、
昔話ではいったいどういうことが起こるのか。

~「神様 2011」のあとがきより~


世界中を震撼させたこんな大変な事故を経験してもなお、
日本は、この福島の現実を封印し、原発を稼働し続ける方向へ
進もうとしている、それどころか、世界で一番安全(?)な原発を作り
発展途上国へ売り出そうとしている・・・・
なんということでしょう。
経済を回すためなら、これらは「必要悪」ということでしょうか。
もはや、ここまで来ると、わたしの残念な頭脳では、思考停止状態です。

それでもわたしたちはそれぞれの日常を、
たんたんと生きていくしかないのです。


3.11以降、震災・原発関連の本を、むさぼるようにたくさん読みました。
川上さんが好きな作家ということもありますが、この「神様 2011」が
一番私の心にすとんと落ち、涙がこぼれ、
しかし、ひととき心を穏やかにしてくれるものでした。

いくら考えても、3.11以前の日本、福島にはもう二度と戻れないのですから
しあわせの呪文「今。ここ。smile・smile」を日々唱えながら
生きていくしかありません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
アタシもアタシの日常を
たんたんと生きていくデス。
 


スポンサーサイト

| 読んだ。 | 10:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ゆとりや思いやりを生む、風。」

私が、もうブログは卒業と自分の中で思っていたときに
たまたま書店で立ち読みして購入し、触発されて再び
日々の記録を綴っていこうと思うきっかけとなった本です。 

そなえることは、へらすこと。


この本のステキな副題が「ゆとりや思いやりを生む、風。」でした。
東京在住の作者であるにもかかわらず、今回の震災は生活を
見直し、大きく変えるきっかけとなったと記されています。

被災地に住む私の心に沁みいる記述がたくさんありました。
いくつか要約してご紹介します。

作者の山本さんは、エッセイストとして身近な事を書いていたことに
疑問を持ち始めていたころに震災を経験し、
「日々の連なりより大事なことはあるまい」と目が覚め、
身近なこと、日々の事ごとを記す喜びを抱くようになったそうです。
本当にそうだなとわたしも今痛感しながら、このブログを綴っています。
だれのためでもない自分のために毎日何かしら日々の記録を綴っていこうと・・・

原発事故の件については、
あの事故は天災ではなく、人災で、突きつめればわたしのせいである。
積極的ではなかったにしろ、選んで、甘んじてくらしてきた・・という意味で。

私自身も立地県に住んでいながら原発の事を何も知らなかった・・・
という思いに、事故後打ちのめされました。

あとは、食に関しての記述で胸が熱くなったのは
「きょうのいただきもの、すべて使いきります、食べきります。」と
右手を上げて、宣誓する。
台所のゆるみが被災地の人びと(亡くなった人びと、
今堪えてがんばっている人びと)を裏切ることにつながるように
思えるのだ。


我が家とて被災地でどうにもならない不安を抱えているにせよ、
取りあえず、衣食住に不自由してはいないわけで、
山本さんのようにここまで真摯には受け止められないまでも
こういう意識はなくしてはいけないなと思っています。

この本を読んで、もちろんすべてにおいて山本さんのようには
いかないですが、私も生まれ変わった気持ちでこれからの人生を
生きていかなければと思ったのでした。
そして、ささやかでも「ゆとりや思いやりを生む、風。」
おこせればいいな・・・・と。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
「セラはまさに 『ゆとりや思いやりを生む、風。』 だよ。」 
と母が言いました。
 

| 読んだ。 | 10:39 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。