しあわせの香り ’11

木もれびの街で穏やかな日々が続くことを願いながら暮らす家族の日常を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年の年賀状

昨年の暮れ、年賀状が売り出された頃にTVの街頭インタビューで
大震災のことがあるので、例年の「明けましておめでとう」的な浮かれた
文言は避けなければ・・・と言う声が随分放映されていました。

今、我が家は三重苦(地震・津波・原発)の被災地に居を構えているので
やはりみなさんとても気を使って年賀状を書いて下さったらしく
その気持が今年の年賀状から読み取れました。
そして英語で、というのがとても多かったです。 

2012年賀

中越地震で被災した友人の年賀状には、よく分かるだけに
「なんと言っていいか言葉が見つからない・・・・」と一言。
ありきたりの慰めの言葉や励ましの言葉は軽っぽしくて
しらじらしい感じになってしまわないだろうか・・・・
でも、何か言って励ましたい、じゃあ、英語でなら・・・・
みたいな感じがとてもよく分かり読んでいて胸がいっぱいになりました。

今まで、今回ほどではなくても、多くの自然災害に見舞われてきた日本。
私の場合、そのつど、大変な事だ、自分に何か出来ることはないか・・・
取りあえず義捐金だ・・・
そんな感じで時間が経ち、
いつのまにか遠い記憶になってしまっていたような気がします。
今回の震災時に友人知人が私に寄せてくれた
思いの深さと比べたら・・・・・
なんと自分は薄情な人間だったのかとかなり落ち込みました。
体験してみて初めて気付くことばかりでした。

今となっては、3.11以前の日本に戻ることができないのは
確実だと思います。
将来への不安、過去を断ち切って前向きに生きられる人が
きっとこの難局を乗り越えて挫けずに生きていけるのでしょう。

「記憶があるからメランコリーになる。未来があるから不安になる。
そこから逃れるには今とここを精一杯生きるしかない」


と書かれた本を読みました。
本当にその通りだと最近つくづく思うようになりました。

我が家の犬のセラを見ていると、たった1コの煮干しを
もらうにも、毎日決まり切った同じご飯をもらうにも
散歩するときも、本当にその瞬間瞬間一生懸命で幸せそうで、
それを見ているとその健気さに涙が出そうになり、結局幸せに
生きるってこういうことなのかも・・・・と思います。

思考をシンプルにし、「今、ここ、smile、smile!!」で
この難局を乗り切りましょう 

ひなたぼっこ

おひさまが出ていればひなたぼっこをして幸せそうなセラ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
そう、アタシはいつだってごきげんデスヨ♪ 
 

| 大震災のこと | 12:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。