しあわせの香り ’11

木もれびの街で穏やかな日々が続くことを願いながら暮らす家族の日常を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あの日息子に持たせたお弁当

3.11の震災の朝息子に持たせたお弁当の画像を
PCに保存していたことに気付きました。
あの地震でTVもデジカメも吹っ飛びました。
TVはメチャメチャに壊れ、その下敷きなっていたデジカメも  
と思っていたのですが、奇跡的に生還。 
そして飛び出していたメモリーカードを戻したら画像も
しっかり残っていたのでした。 

3.11弁当

 ミートボールのトマトソース煮
(昨晩のハンバーグ生地から作ったもの)
 プチベールのソテー
 厚揚げ田楽
 焼塩鮭
 かぼちゃのきんぴら
 プチトマト

保温ジャーのお弁当箱なのでここに温かいご飯

311.jpg

もちろんですが、このお弁当を作っているときに午後あのような
大きな地震・津波にわたしの住む東北が襲われるとは・・・・・

お弁当に詰めたおかずの残りでわたしのお昼を済ませ、冷蔵庫の中を
きれいに整理し、お風呂の残り湯を流し、掃除を終え、お弁当のこの画像を
PCに取り込んでいたまさにそのとき 「グラッ!!」
あの4分間の激しい揺れはおそらく町ごと何もかも破壊するであろうと
思うほどのものでした。
1000年に一度と言われるのですから、当然体験したことのない
揺れであることは間違いありませんが。
たまたま子供たちの住む仙台のマンションの13階で遭遇しましたから
高層階で地震に遭う怖さも思い知りました。

しかしその時は、まさかこの地震で福島の原発が爆発するなどという不安は
微塵もありませんでした。
原発の至近の町で暮らす人々でさえもそうだったようですから、
「原発の安全神話」というのがいかに地元住民に浸透していたかが
分かります。
「なんとおめでたい人たちなの!!」と言われてしまえば
それまでですが・・・・・
今更ながら本当に取り返しのつかない悲しいことが起きてしまったのですね。

このお弁当は一生忘れられないお弁当になってしまいました。
みんなこうしてあの日普通の日常の中で家族を送り出したことでしょう。
我が家の息子は無事に帰って来ましたが、この朝が永遠の別れに
なってしまった人々がたくさんいることを思うとあまりにも突然に襲ってくる
自然の脅威には、なすすべもないことに言葉をなくしてしまいます。
その人たちを忘れないためにもこうして震災の記憶を綴っていくことは
大切なのかなと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
震災のときに命がけで守ってくれたお母さんのために
アタシもブログのお手伝いするデス。 セラでした。
  

| 大震災のこと | 08:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

『いってらっしゃい』と見送った大切な家族や『また会おうね』と手を振って別れた友人と交わした言葉が最後の別れの挨拶になってしまうかもしれない・・・そんな想像をもできない悲しい別れをされたかたがいらっしゃったのですねi-241
mariさんが綴られていらっしゃる3月11日の記憶が、あまりにもごくごく普通の日常だったことに自然の脅威をより強く感じました。
強い揺れやいくつかの破損の危機を免れこうして残っていたあの日作られた息子さんのお弁当の写真は特別なものを感じずにはいられません。
mariさんの書き綴られたあの日の記憶を読み少しずつ風化しつつある未曾有の大震災の事そして何も解決していない原発問題を私のように改めて心に刻まれる方たちがきっといらっしゃると思います。
お辛い記憶を綴ってくださってありがとうございました。


お弁当とっても美味しそうですねi-194
彩りもキレイで蓋を開けたらパァ~と元気になれちゃいますねi-237i-1 ひと品ひと品も手作りで身体にいいものばかりで本当に美味しそうですi-194i-184






セラちゃんへi-262
命懸けで守ってもらったのねi-241セラちゃんはmariさんにとってかけがえのない家族なんだねi-176
セラちゃんブログのお手伝い頑張ってね~i-194
またブログでも可愛いセラちゃんにも会えると嬉しいなi-237

| kao | 2011/12/22 00:06 | URL |

kao さんへ

kaoさんコメントありがとうございます。e-466

ホント、このお弁当の画像が残っていたのにはびっくりでした。
部屋中足の踏み場もないほどに壊れたものが散乱している中からの
奇跡の生還でした。

やはり被災地では、忘れ去られ風化してしまうのが
一番怖いという声がよく聞こえてきます。
原発問題は特にですね。
kaoさんのように受け止めて心を寄せてくれる方が
いてくださるのは本当にうれしいことです。
ありがとうございます。

お弁当は、たまに作るからですよ。(^^ゞ

セラも本当に大変な思いをしましたが、とても元気で
私たち家族の希望の星v-354になってくれています。

| mari | 2011/12/22 09:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。