しあわせの香り ’11

木もれびの街で穏やかな日々が続くことを願いながら暮らす家族の日常を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あの日から一年

2011.3.11(金)午後2時46分この世の終わりかと思うほどの
大変な揺れ、そしてその後、信じられないような巨大津波、日本で初めて
経験する原発事故に東日本が襲われました。
あれから今日で一年、長かったような、あっという間だったような・・・

一年経った、当地の様子です。
 津波で破壊された中学校は、壊れた窓等はベニヤ板で覆われ、
校庭は、地域のがれき置き場になっていました。 

2012いわき

 津波で店内が根こそぎさらわれてしまった海辺のスーパー
漁港も地盤沈下し、崩壊、無事だった漁船も「原発事故」でばらまかれた
放射性物質で汚されてしまった海ではもはや出番なし。 

この海辺の町に「復旧・復興」という言葉はいつになったら
使えるようになるのでしょうか・・・・

丘にあがった漁師さんたちは、原発事故の補償金で毎日遊んでいる
と陰口をきかれ・・・・
汚染された農地で大切な農地を荒らしたくないと作物を作る
農家の方たちも、補償金目当てと言われ・・・
どうすればいいのか分からないで苦しんでいる人がたくさんいます。
それぞれの立場で、成すすべを失くし、苦渋の選択を迫られています。
漁師さんの中には、家族も仕事も家も船も何もかも失くした方も
いらっしゃいます。
仕事もない愛する家族もいない、そういう方たちに前向きに
頑張って生きようなどととても軽々しく言えません。

標高の関係で無事だった美空ひばりさんの歌碑(みだれ髪)・遺影碑
後ろに見えるのが、「塩屋崎灯台」

ひばり

全国からの観光客で賑わっていたところです。

地震津波で被害が少なかった人たちも「原発事故」によって
失くしたものの大きさに途方に暮れています。
それは、時が経てば経つほど大きくなっているように感じます。
原発や放射能に対する考え方の違いで完全に人の心は二極化し、
コミュニティーも変わりつつあります。
友人と「放射能なんてもはや我々の年齢になれば怖くない、
怖いのは、それによって作られる嫌な空気と、変わっていく人の心だ」
としみじみ話しましたが、本当に恐ろしく、悲しいことです。

こんな小さい国土で54基もの「原発」を稼働させ続けなければ
日本は生きる道がなかったのでしょうか。

昨日、福島を代表した男の子がニューヨークでした講演の中で
「医者になってみんなのためになる立派な大人になります」
というのを受けて、番組の女子アナが、こんな子供に悲しい思いを
させてしまった私たちは立派な大人とは言えませんね。
と涙ぐんでいました。

本当に何もできない大人だと私も自分自身を
省みてこの一年情けない思いで過ごしてきました。
どう考えても、大したことは何もできないことは分かり切っているのですが
小さなことなら生きている限りし続けることはできるはず。
我が家も4月から新しい生活が始まりますが、気持ちも新たに
2011年の今日という日を決して忘れることなく過ごしていきたいと
思っています。

今日は静かに、犠牲になられた方々のために
今なお哀しみの中におられる方々のために祈ります。

。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

みなさんの応援がとても励みになっています。
応援クリックよろしくお願いします。  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

( v^-゚)Thanks♪ 

セラも静かに祈ります。
津波の現場の海を見てセラは震えてしまいました。 
なぜだか分りません。
父と母も不思議がっていました。

***********

日本のハワイ、「スパリゾートハワイアンズ」
完全復活オープンしましたよ~   
放射線量がとても低い地域なので大丈夫ですよ 416246.gif


No More Nuclear Disasters!!



| 大震災のこと | 14:46 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

1日でも早く、被災地の元気や希望を取り戻していただける日が来ることを祈っています。
漁師さんや農家の方たちも被害者なのに・・・本当にヒドいことです。
今もって東電の責任者が逮捕されないことに驚いています。
被災地のことを風化させないように、みんなで踏ん張っていきましょう。
きっといつか復興する日がきます!

| ねこなす | 2012/03/11 20:00 | URL | ≫ EDIT

何度も何度も読ませて
いただきました。

漁師方々農家の方々が
私たちが想像もしない
苦しみの中にいらっしゃること

津波の被害が少なくても
とても大きなものを
無くされた方たちが
いらっしゃること

そして3月11日という日を
これからも決して忘れず暮らして
いこうと思います。


3月11日『あの日から一年』
の記事をありがとうございました。

| kao | 2012/03/11 21:22 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/03/11 21:32 | |

ねこなすさんへ

コメントありがとうございます。
遠くイギリスからいつも被災地へ寄り添っていただいて感謝しています。
私の住む地域は、被害者、加害者(正しい表現かどうか?)、
この期に及んでも「原発」はどうしても必要と考える人様々が複雑に入り乱れ、
まったく一枚岩になれません。
それが、T電の思惑とも言われています。
本当に難しい地域です。

自分に火の粉がかからなければいいやと
無関心を決め込むことだけはすまいと思っています。

| mari | 2012/03/12 09:48 | URL | ≫ EDIT

kao さんへ

いつもコメントありがとうございます。
一人でも二人でも、福島の現実に目を向けていただけるのは本当にありがたいです。
不都合な事は考えないで暮らす、それもありなのでしょうが、好むと好まざるとに拘わらず、
福島で生きている現実は重く受け止めなければならないと思っています。

少しずつでも原発問題も人の心も良い方向へ変わっていければいいのですが・・・・

| mari | 2012/03/12 09:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。